最近では、ネットワーク上でのソーシャルゲームが主流となっていて、遠くに離れていながらにして、ゲーム上で他のプレイヤーと協力しながらプレイをするスタイルなどが挙げられています。一昔前までのゲームといえば、ファミコンなどを用いた家庭用のゲームや、ゲームセンターと言われる特定の場所での娯楽の範疇として親しまれていました。
IT文明の発展とともに、ゲームは日々進化をし続けていて、私たちの予想を覆すような奇抜なシステムで楽しませているのです。

ソーシャルゲームは、短時間で気軽に楽しめたり、誰もが簡単に利用が出来るという特徴があります。
人が何か物事に熱中し出すのは、手軽にできる手間の無さがあるからだと考えられます。
昔から流行っていたファミコンにおいても、簡単な操作方法でプレイができるという点が、多くのユーザーの心をつかんでいったのだと考えられます。

突き詰めて言えば、ファミコンの誕生によって、後のIT文明においてソーシャルゲームが流行りだすための原型を担っていったとも言えるでしょう。
何故ならばファミコンにより、みんながゲームというのは面白いものなんだといった潜在意識が刷り込まれていったと考えられます。
ファミコンの後に続くゲームが、新たに進出しやすいレールが形成されていったからだと考えられるからです。
そうして考えると、ゲームの歴史から時代の流れが感じられ、その時代に沿ったゲームのあり方というのを、ITが見せていったのだと考えさせられるのです。